【日産・ノート】VS【マツダ・デミオ】はどっちを選ぶべき!?

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では100万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者の最大10社が、

あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

結果的に買取価格が
高くなるということですね。

ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!

未来を感じさせる充電の要らない電気自動車、日産ノートe-power。

一方で徹底的なエンジン機能の追求で高い燃費性能を持ちつつ、トルク力ある走りを実現しているマツダデミオ。

共にとても人気ある車種です。

ここでは様々な角度からこの2車種について比較してみました。

スポンサードリンク




【【日産・ノート】VS【マツダ・デミオ】価格はどっち?

引用元:https://www3.nissan.co.jp

まずは日産ノート、マツダデミオの2車種について価格面を中心に比較してみます。

比較してみるのは、日産ノートは人気が高くe-powerパワートレインを搭載する、e-power x。対してマツダデミオは同程度のXD Touring L Packageを比較対象として選定しました。

マツダデミオ XD Touring L Package はskyactivエンジンを搭載しています。

自動車重量税、自動車取得税、自動車税の比較

引用元:https://www3.nissan.co.jp

まず最初に購入及び維持費に関する諸税について比較してみます。

日産ノート :自動車重量税:0円、自動車取得税:0円、自動車税:8,625円

マツダデミオ:自動車重量税:0円、自動車取得税:0円、自動車税:8,625円

いずれも高い省エネ性能を持ちますので、変わらず費用になります。

なお、2車種とも自動車重量税の免税について、適用期間中の最初の継続検査時にも適用されます。

購入価格相場の比較

引用元:http://www.mazda.co.jp

次に購入価格相場について比較してみます。

それぞれの定価ベースの費用は次の通りです。

日産ノート e-power x:1,965,600円(税抜)

マツダデミオ XD Touring L Package:1,920,000円(税抜)

実績的な相場としては、次のような価格で販売されているようです。

日産ノート e-power x:1,800,000円(税抜)

マツダデミオ XD Touring L Package:1:800,000円(税抜)

値引き後の価格としては2車種としても同価格程度になるようです。マツダ車は全体的に値引きに対して厳しくあまり大きな値引きが難しいようです。

購入価額についてはしっかりと比較材料を準備して販売店での交渉に臨むことにより、より大きな値引きを引き出せることがありますので、きっちりと準備をして交渉に臨んでください。

スポンサードリンク




【日産・ノート】VS【マツダ・デミオ】大きさは?

引用元:https://www3.nissan.co.jp

日産ノート、マツダデミオそれぞれについて、次はサイズ感について調べてみます。日頃使うコンパクトカーだからこそ、快適なカーライフを送るために必要な情報だと考えれます。

大きさは?室内空間は?普段乗る車だからこそ気になりますよね。

長さ・幅・高さは?

引用元:http://www.mazda.co.jp

まずは、大きさから比較していきたいと思います。

日産ノート :全長:4,100mm 全幅:1,696mm 全高:1,520mm

マツダデミオ:全長:4,060mm 全幅:1,695mm 全高:1,525mm

おおよそ一緒ですね。

両車種とも小型車(5ナンバー)車種となりますので、その範囲内でギリギリの大きさになっています。また、最小回転半径は日産ノートが5.2m、マツダデミオが4.9mで若干、マツダデミオの方が取り回しが良いようです。

タイヤ径については、日産ノートが185/70R14、マツダデミオが185/70R15。走りという面ではマツダデミオの方がスポーティなタイプになり、タイヤコストとしては日産ノートの方が優れています。

居住空間の広さは?

引用元:https://www3.nissan.co.jp

次は室内空間に目を向けてみます。2車種を比べてみます。

日産ノート

室内長2,065mm 室内幅1,390mm 室内高1,255mm 荷室幅約950mm 荷室奥行約620mm

マツダデミオ

室内長1,805mm、室内幅1,445mm、室内高1,210mm 荷室幅約990mm 荷室奥行約690mm

室内空間についてはやや日産ノートの方が広く、特に後部座席の足元空間については日産ノートの方が実寸よりも広く感じると思います。

一方、荷室につきましては少しマツダデミオの方が広くスペースが確保されています。また、椅子の着席感覚は日産ノートの方が柔らかめという印象です。

後部座席及び荷室の活用度について

日産ノート、マツダデミオは共に後部座席を倒せば荷室と共通化できるものの、段差が生じてフルフラットにできない状態です。

もし、快適な車内での車中泊をしたり、大きな荷物を載せたりする上でフラットにしたい場合、両社ともにフラットボードを純正オプションが販売されています。

引用元:https://minkara.carview.co.jp

引用元:https://minkara.carview.co.jp

これらのパーツを使うことで室内空間を最大限に活用することができそうです。

スポンサードリンク




【日産・ノート】VS【マツダ・デミオ】燃費はどっち?

引用元:https://www3.nissan.co.jp

次に燃費性能について比較してみます。燃費と走りのバランスについて、この2車種については大きく異なってきますので、その特徴も含めてご紹介したいと思います。

燃費性能の比較は?

まずメーカー計測の燃費値(JO08モード)についてご紹介します。

日産ノート e-power X:37.2km/L

マツダデミオ XD Touring L Package:30.0km/L

このように大きく日産ノートの方が大きく燃費値について優れています。

次に、実燃費値についてまとめてみます。

日産ノート e-power X:約22km/L

マツダデミオ XD Touring L Package:約16km/L

多くの実燃費情報についてまとめてみた平均的な値です。

やはり、日産ノートの方が燃費については優れているようです。

日産ノートについてはe-powerの特性上、街乗りや高速道路などでの低速的な走行を行うことでより高い燃費値を計測するようです。

一方、マツダのskyactivエンジンはディーゼルエンジンの特性上、どうしても比較的回転数が高めになってしまうため、街乗りなどのストップ&ゴーを伴う運転では燃料消費が激しくなり、実燃費値が下がってしまう傾向にあるようです。

ですので、ご自身がどのようなシーンで主に乗ることになるのかを考えていただき、車種選びの参考にしていただければと思います。

燃費と走りのバランスは?

引用元:https://www3.nissan.co.jp

先に書いた通り、日産ノートとマツダデミオでは開発に関するコンセプトが違うので、燃費と共に走りについてもまとめておきたいと思います。

日産ノート:排気量1,198L、最高出力80[109]kw[PS]/3,008-10,000rpm(モーター)、最大トルク254[25.9]N・m[kgf・m]/0-3,008rpm(モーター)

マツダデミオ:排気量1,496L、最高出力81[110]kw[PS]/6,000rpm、最大トルク141[14.4]N・m[kgf・m]/4,000rpm

マツダが誇るskyactivエンジンはディーゼルエンジンの特徴的な高いトルク能力と燃費性能を両立させた素晴らしいエンジンです。

しかし、実は最高出力・最高トルク共に日産ノートが誇るe-powerパワートレインはかなり高い数値を誇っています。

燃費性能と走りの力をバランスよく求めるのであれば、日産ノートは非常に良いコンパクトマシンであると言えます。

【日産・ノート】VS【マツダ・デミオ】はどっちを選ぶべき!?のまとめ

日産とマツダ、この両社は共に環境に対して全く違ったアプローチで取り組んでいます。

日産は化石燃料の枯渇とCO2値削減を第一に考え、e-powerという全く新しいパワートレインを開発し展開しています。

日産ノートはコンパクトなボディにe-powerを搭載することで広く電気自動車技術を世の中に普及させることを目的としています。

 

一方、マツダは電気の発電過程において発生する化石燃料の消費とCO2の発生を重要視しています。

そのため、skyactivエンジンというマツダ独自の技術を結集したパワートレインを開発し、軽油を利用し、できるだけエネルギー効率を向上させることで燃料費の削減に貢献することを目的としています。

どちらを好むかは自動車というものに対して何を求めるのかという点で大きく異なってくると思われます。

しかし、どちらも高い技術力と熱い志を持って、ノート、デミオという広く普及させたい車種を通して、世界の環境問題に正面から取り組んでいます。

 

日産ノートとマツダデミオを多様的な角度から比較検証してみましたがいかがでしたか。

広く快適な走行性が認知されているマツダデミオと比較することで、日産ノートe-powerが持つ高い走行性能を知っていただけたのではないかと思います。

トランスミッションがなく、ギア変速を伴わないで直接的にモーターからタイヤに駆動力を伝えることができるe-powerというパワートレインは実はとっても自動車に向いている技術と言えます。

あらゆるメーカーと全く違う観点から未来を感じる車を作り続けるのが日産の魅力ですね。

車の購入はとっても大きな買い物ですし、豊かなカーライフは人生を豊かにします。ぜひともご参考ください。

【日産・ノート】を80万円も安く買う方法とは何か!?

日産のノートいいですよね!?

コンパクトカーで運転がしやすいながらも
室内の広さはコンパクトカーの中でも
最も広いのでストレスを感じません。

そして何より
e-POWER搭載車は他車には無い
最高クラスの燃費です!

休日に家族とちょっとドライブ・・・
楽しいパパさんを演出できますね!

でも・・・
みなさんこういった
コメントが数多くあります。

「ノート欲しいけど高いな…」
「今使っている車とも長いし、
ノートに乗り換えたいな…」
「ディーラーと値引き交渉疲れたな…」
「新車のノートを最安で欲しい…」
「ディーラーの売込みイヤだなぁ…」
「ローンが長くなるの避けたい…」

などなど、
ノートの購入を
検討しているけど、
色々な悩みがあって購入に踏み切れない。
なんて事ありませんか?

このような悩みを持っている人は
とても多くいらっしゃるんです。

家族や友人に相談したところで、
よくわからないので
真剣には取り合ってもらえず

また聞いてもらったところで
その悩みが解決することはありません。

そんなあなた!
実はこんな裏ワザがあったんです!

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では100万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者の最大10社が、

あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

結果的に買取価格が
高くなるということですね。

ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!




スポンサードリンク


ピックアップ記事

  1. 2018年上半期の車名別販売ランキング1位を誇っている日産ノート日産の根幹を支える主要商品と…
  2. 使い勝手が良いコンパクトカーとして人気の日産ノート。より自分が使いやすくできるように様々なオプシ…
  3. 日産ノートサイズ感は他車と比べてどれくらいなのか調べてみました。他社のコンパクトカーと比べた…
  4. 車に詳しくない方だと、ついついオイル交換っておろそかにしがちです。しかし、プロの整備士から言わせ…
  5. ふ日産ノートの維持費やローンはどれくらいなのか、残価設定にした方がいいのか調べてみました。…

カテゴリー



スポンサードリンク

PAGE TOP