【日産・ノート】VS【トヨタ・プリウス】はどっちを選ぶべきか!?

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では100万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者の最大5000社が、

あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

しかもこの一括査定は
買取業者のオークション形式のため
一般的な一括査定とは違い、
買取業者から煩わしい電話が来ることはありません!

結果的に買取価格が
高くなるということですので
ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!

トヨタ プリウスと日産 ノートはどちらも新車販売台数ランキングで人気のクルマ。

しかし選ぶとしたらどちらでしょうか。

今回はその二種について、価格、大きさ、燃費で比較してみようと思います。

スポンサードリンク




【日産・ノート】VS【トヨタ・プリウス】は価格はどっち?

引用URL :https://toyota.jp/prius/

まずは車両本体価格の比較です。

 

日産のサイトのランキングによると、

ノートのグレードランキングは

 

1. e-POWER MEDALIST

2. e-POWER X

3. e-POWER MEDALIST FOUR

 

のようです。

2WDと4WDを一緒のランキングに入れて良いのかという気もしますが…

引用URL:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note/autech.html

Xとe-POWER X、

X FOURとe-POWER X FOURをピックアップして比較対象にすることにしましょう。

 

相手はプリウスなので(?対抗するために先進安全装備のオプションもつけておきましょう。

今回はインテリジェント クルーズコントロールをつけています。

 

X 1,523,880+81,000=1,604,880

e-POWER X 2,021,760+81,000=2,102,760

X FOUR 1,739,880+81,000=1,820,880

e-POWER FOUR 2,275,560+81,000=2,356,560

 

このように並べるとe-POWERよりも断然ガソリン車が安いです。

ただ相手がプリウスなのでガソリン車の価格は参考まで。

 

それぞれMEDALISTにすると価格がグッと上がります。

次のようなオプションが標準装備なので、オプション代+デザイン、と考えるといいのかもしれませんが、

今回はなしで考えます。

引用URL:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note/exterior_interior.html

XではメーカーorディーラーオプションでMEDALISTでは標準装備

・LEDヘッドランプ(ロービーム、オートレベライザー付、プロジェクタータイプ、LEDポジションランプ付)※MEDALIST Xではオプション

・フォグランプ

・ステアリングスイッチ(クルーズコントロール、オーディオ、ハンズフリーフォン)※e-POWER Xブラックアローでは標準装備

・日産オリジナルナビ取付パッケージ (リヤ2スピーカー、GPSアンテナ、TVアンテナ、TVアンテナ用ハーネス)※e-POWER Xブラックアローでは標準装備

・インテリジェント クルーズコントロール

・インテリジェント LI(車線逸脱防止支援システム)

・ヒーター付ドアミラー

 

XにはなくMEDALISTのみ

・本革巻ステアリング(ブラウン)

・助手席シートバックポケット

・運転席&後席アームレスト(カップホルダー2個付)

・ドアトリムクロス ジャカード織物〈フロントドア・リヤドア〉

・シート ジャカード織物/合皮

・フロントメッキバンパーロアグリルフィニッシャー

・MEDALISTエンブレム

 

オプションが諸々ついているとはいえ、金額の差はかなりあります。

外観や内装であったりの部分も大きいので、気に入ったら、という感じでしょうか。

引用URL:https://toyota.jp/prius/gallery/

プリウスは以下の人気グレードで比較してみます。

ノートで安全装備オプションをつけたので、Sにはセーフティプラスをつけてみます。

Aにはセーフティプラスの装備が標準装備です。

 

S(2WD) 2,479,091+86,400=2,565,491円

A(2WD) 2,777,563円

S(4WD) 2,673,491+86,400=2,759,891円

A(4WD) 2,971,963円

 

ここでノートの車両本体価格を再掲しましょう。

e-POWER X 2,021,760+81,000=2,102,760

e-POWER FOUR 2,275,560+81,000=2,356,560

 

予想できていたことではありますが、価格で比較するとノートの方が安いですね。

因みにプリウスの一番安価なグレードのEでも、

本体価格は2,429,018円ですので、e-POWER FOURよりも高いです。

プリウスより安く済ませたいというのであればノートでしょうが、

プリウスより安く済ませたいけれどもうちょっと高級感も欲しい…という場合であれば、

ノート MEDALISTにするのも一つかとは思います。

 

因みにですが、

e-POWER MEDALIST 2,353,320円

e-POWER MEDALIST FOUR 2,569,320円

となっており、MEDALISTにするとプリウスより少し安い、というあたりまできます。

ただ価格差が縮まるならプリウスを買ってしまえ、となる気もするので、

プリウスとノートを比較したい人にMEDALISTはあまりオススメできないかなと思います。

スポンサードリンク




【日産・ノート】VS【トヨタ・プリウス】大きさは?

引用URL:http://history.nissan.co.jp/NOTE/E12/1208/point_gallery.html

次に大きさの比較をしてみましょう。

 

ノート/プリウスの順番で並べます。(単位は全てmm)

全長: 4,100 /4,050

全幅: 1,695 /1,695

全高: 1,520 /1,455

室内長: 2,065 /2,015

室内幅: 1,390 /1,395

室内高: 1,255 /1,175

 

全体的にプリウスの方が大きく、広いですね。

高さだけノートの方があるので、乗り降りのしやすさや、背の高い方の体感は異なるかと思います。

引用URL:http://history.nissan.co.jp/NOTE/E12/1208/function.html

ちなみにノートの場合ですと、後席ドアが約90度開くこともポイントです。

子どもをチャイルドシートに載せる時や、高齢者が乗り降りする際には便利です。

 

全体的にノートの方は内装デザインが快適さを損なわない程度にシンプルでスッキリとしているのに対し、

プリウスはよりボリューム感があり、本革の高級感があります。

逆にインパネ周りはプリウスの方がスッキリとしています。

引用URL:https://toyota.jp/prius/gallery/

荷室容量はノート/プリウスで次のようになります。

幅:約950 /950

高さ:約700 /720

奥行き:約620 /860

 

こう比較するとプリウスの方が荷室容量の奥行がある分、かなり使い勝手がいいと言えるでしょう。

スポンサードリンク




【日産・ノート】VS【トヨタ・プリウス】燃費はどっち?

最後に燃費の比較をしてみたいと思いますが、

単純な燃費だけではなく、維持費という観点で関連の費用もみてみたいと思います。

 

ノートからはガソリン車とe-POWER両方でプリウスと比較してみます。

参考までですが、一応JC08モードでのカタログ燃費は次のようになっています。

23.4 km/L/34 km/L/37.2 km/L

 

予想通りというか、世間で言われるようにやはりプリウスの燃費は良いようです。

…というよりも、色々装備をしていない状態のグレードEのプリウスだと、JC08モード燃費で国産全車種中1位(40.8km/L)を記録するくらいのクルマなので、燃費は良いのです。

ノートはガソリン車とe-POWERで大きく差が開いており、

e-POWERであればプリウスに近づいていける、という具合ですね。

 

ノート e-POWERは通常の走行モードに加えてe-POWER Driveモードを具えています。

e-POWER DriveはエコモードとSモードの二種類で、

Sモードは加速力に秀でていて、

アクセルを踏み込んだ瞬間から強力に立ち上がり加速します。

引用URL:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note/performance.html

e-POWER Driveではアクセルオフでの回生ブレーキも強力、

アクセル操作だけのワンペダルで加減速がコントロールできます。

 

また、e-POWERはエンジンが発電専用になっており、

高性能モータドライブにより、早朝や深夜でも安心な静粛性を実現しているのもポイントでしょう。

 

では肝心の実燃費はどうでしょう。

 

約16 km/L/約21 km/L/約26 km/L (平均)

 

どういうシーンで乗ることが多いかによってもだいぶ左右される点ではありますが、

平均していくとプリウスの方が燃費が良い、という声は多いことになります。

しかし、ノートe-POWERの強みはむしろ街中や渋滞で発進や停車を繰り返すシーンです。

こうした状況ではノートe-POWERはプリウスに匹敵か、あるいは逆転するポテンシャルも秘めています。

ただしノートe-POWERのネックは、一定速度で走る高速区間です。

仕組みからして、エンジン→発電機→モータ→タイヤとなるので、プリウスだけでなく他のライバル車に対してもこの点は不利です。

 

この実燃費をもとに年間のガソリン代を計算してみますと

 

ノート X (8,000/16)*150.4=75,200円

e-POWER X (8,000/21)*150.4=57,295円

プリウス (8,000/26)*150.4=46,277円

 

ガソリン代は実燃費をもとに、年間走行距離8,000 km、2018年11月30日時点での全国平均価格150.4円/Lとして試算しています。

関連の諸費用も見てみます。

 

自動車取得税43,400円/0円/0円

自動車重量税36,900円/0円/0円

自賠責保険36,780円

自動車税11,500円/9,800円

リサイクル費用8,480円/8,480円/11,480円

登録諸費用(参考価格、消費税込)49,299円/49,299円/65,727円

諸費用等合計186,359円/106,059円/123,787

 

このあたりの金額はノートe-POWERが一番安いですね。

2年間の費用でみてみましょう。

車検基本料を平均の40,000円、

駐車場料金を月極駐車場の全国平均8,000円(更新料1ヶ月分)の208,000円で計算してみます。

 

ノート X

ガソリン代 150,400円

自動車税 46,000円

自動車重量税 16,800円

2年間合計 461,200

 

e-POWER X

ガソリン代 114,590円

自動車税 20,500円

自動車重量税 0円

2年間合計 383,090

 

プリウス

ガソリン代92,554円

自動車税 20,500円

自動車重量税 0円

2年間合計 361,054

 

ここで車両本体価格を再掲します。

 

ノート X 1,523,880

ノート e-POWER X 2,021,760

S(2WD) 2,565,491円

クルマの乗り換えですが、8年くらいで乗り換える人が多いそうです。

税金の計算やら、実際には任意保険に加入したりと単純に上記の4倍しても違ってきてしまいますが、大まかな目安として上記の維持費×4と本体価格を足してみましょう。

 

ノート X

1,523,880+461,200*4=3,368,680

 

ノート e-POWER X

2,021,760+383,090*4=3,554,120

 

プリウス

2,565,491+361,054*4=4,009,707

 

上記で諸々と比較してきましたが、

車両本体価格の差が大きく、

費用の観点から見ていくと

ノートガソリン車 > アクア > ノートe-POWERとなりそうです。

 

市街地での運転が多そうであれば、ノートe-POWERの燃費は良くなりますが、

プリウスの燃費がそれで決して悪いわけでもないことと、

せっかくなのでドライブに行こう、と高速に乗ったり郊外の交通量の少ない場所を走ることも多ければプリウスに分があるでしょう。

引用URL:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note/nismo.html

また、ノートe-POWERの良いところでもあり悪いところでもある点ですが、

燃費を出すなら必須となるe-POWER Driveでのワンペダル走行は好みがわかれます。

 

走行距離に応じた税率に、という話も出ていますので、

もし走行距離が多いほど税率が高くなるのであれば、街中での移動が中心となりノートか、と思う節もありますが、こればかりは現時点では何とも言えませんね。

引用URL:https://toyota.jp/prius/gallery/

あとはエクステリアの好みも重要なのではないかと思いますが、

現行のプリウスは賛否両論……というか否が多いですね。

ややオラついた感じというか、尖った印象は受けます。

それに対してノートは普通(褒めてる)なので、良くも悪くも無難です。

 

総合的に性能としてはプリウスに軍配があがりそうですが、

やはり価格が気になる……という場合にはノートe-POWERを検討してみてはいかがでしょうか。

【日産・ノート】を80万円も安く買う方法とは何か!?

日産のノートいいですよね!?

コンパクトカーで運転がしやすいながらも
室内の広さはコンパクトカーの中でも
最も広いのでストレスを感じません。

そして何より
e-POWER搭載車は他車には無い
最高クラスの燃費です!

休日に家族とちょっとドライブ・・・
楽しいパパさんを演出できますね!

でも・・・
みなさんこういった
コメントが数多くあります。

「ノート欲しいけど高いな…」
「今使っている車とも長いし、
ノートに乗り換えたいな…」
「ディーラーと値引き交渉疲れたな…」
「新車のノートを最安で欲しい…」
「ディーラーの売込みイヤだなぁ…」
「ローンが長くなるの避けたい…」

などなど、
ノートの購入を
検討しているけど、
色々な悩みがあって購入に踏み切れない。
なんて事ありませんか?

このような悩みを持っている人は
とても多くいらっしゃるんです。

家族や友人に相談したところで、
よくわからないので
真剣には取り合ってもらえず

また聞いてもらったところで
その悩みが解決することはありません。

そんなあなた!
実はこんな裏ワザがあったんです!

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では100万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者の最大5000社が、

あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

しかもこの一括査定は
買取業者のオークション形式のため
一般的な一括査定とは違い、
買取業者から煩わしい電話が来ることはありません!

結果的に買取価格が
高くなるということですので
ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!




スポンサードリンク


ピックアップ記事

  1. 最近の自動車はカラフルなラインナップを用意していることが多く、もちろん日産ノート にも多彩なカラーリ…
  2. 日産ノートの中古車の相場を調べてみました。また、新古車が欲しいときはどうすればいいのでしょう…
  3. 日産ノートの価格、費用はどれくらいなのかまた、グレードによって違いがあるのかを調べました。…
  4. 日産ノートは2016年にe-POWER搭載車が登場し、いまの大人気を確立しました。今…
  5. そろそろ軽自動車から乗り換えたい、けれど予算が……ということでお悩みの方もいるかと思います。…

カテゴリー



スポンサードリンク

PAGE TOP